不満な女子社員
バレンタインデーには職場の女性たちから、チョコをいくつも貰ったという男性も多いと思います。
もちろん義理チョコだというのは分かっていても、同じ職場という事もあってお返しをしなければなりません。
何も返さなければ嫌われるのは当然ですが、数が多い為に低予算で済ませることばかり考えると同じように失敗することになるので、あなたのセンスが問われることになります。

お返しは他の同僚とも比較されるのでとても重要

ホワイトデーのお返しといっても、職場で貰ったものは義理チョコばかりという場合が多いものです。
ですからお返しは全員に同じものをプレゼントする、という考えがやはり無難になります。
ここで高価なチョコを貰った女性にだけ特別なお返しを用意してしまうと、あなただけではなくその女性まで他の女性たちから嫌われる原因にもなるのです。

差を付けないように全員に同じものをお返しするとなると、問題は何をプレゼントすれば良いのかという事になります。
ここで人数が多い為に低予算で済みそうなものを考えてしまうと、他の同僚と比較されるので危険な状態になっていきます。

義理チョコは職場の他の男性にも配られていますから、当然のようにホワイトデーにはその全員がお返しをする事になるのです。
そこで一人だけ寂しい安っぽさのあるお返しになっていれば、当然ですが女性たちは不満を募らせることになるのです。
世間では倍返しなどと言う言葉があるように、その後の職場の人間関係を円滑にする為にもある程度の予算は覚悟しなければなりません。

お菓子などの定番商品が失敗がなくおすすめ

ホワイトデーのお返しと言えば、クッキーやマシュマロを思い浮かべる男性が多いのではないでしょうか?
昔から定番になっていますから、無難に済ませたければクッキーなどを選ぶのも良い選択です。
下手に他人とは違ったものを選ぼうとすると、逆効果で大失敗に終わる可能性が高くなります。

お菓子類は有名なお店のものを選ぶこと

定番のお菓子類をホワイトデーのお返しとして用意する場合、有名店のものを選ぶことが大事です。
何を選んでも内容が普通のものですから無難に済ませることが出来ますが、有名店のお菓子を用意することで少しだけ評価が高まります。
男性はあまりお菓子に興味がないかもしれませんが、女性は色々な情報を持っているので有名店のものはすぐに分かるのです。

デパートなどの特設売り場に行けば、有名店が作ったホワイトデーの限定商品なども売られています。
分からない場合は売り場で聞いてみて、限定商品を選ぶと更に評価が高まります。
限定という言葉がついているだけで、値段以上の評価を得ることが出来るお返しになるのです。

チョコのお返しなのにチョコも喜ばれる

バレンタインデーに貰ったチョコのお返しですから、チョコレートは無いと考える男性も多いようです。
ですが最近はホワイトデーのお返しとして、チョコをプレゼントする人が増えています。
しかもゴディバのように有名店のチョコレートになると、女性も喜んでくれるのです。

お返しですから何となく貰ったものと同じようなものは避けたいと思うのかもしれませんが、実際には女性は自分で買うのを躊躇するような高級チョコレートは喜んでくれます。
そもそも女性は甘いものが好きな場合が多く、義理チョコのお返しとして有名店のチョコレートを用意するのは有りなのです。
ただ、注意しておかなければならないのは、あくまでも高級だと分かる有名なチョコにすることです。

手作りのお菓子は女性に引かれるのでNG

お菓子をホワイトデーにお返しする場合、やってはいけないのが手作りすることです
最近はスイーツを趣味で手作りする男性も増えていますが、ホワイトデーのお返しに手作りのお菓子はやめておきましょう。
手作りのお返しは女性に引かれることが多く、本命以外では考えないで、必ず既製品を用意することです。

金額をケチるだけで女性はガッカリする

女性は義理チョコをプレゼントしているものの、そのお返しに関しては容赦の無い判断をしてきます。
特に職場では他の男性との比較が簡単にできてしまうので、少しでも安っぽく見られるとそれだけで女性たちの間で評判が下がる事もあるのです。
ですから値段のお手頃感で判断するよりも、どう見えるかといった印象も見て決める必要があります。

値段の安さでガッカリする女性は、お返しのセンスが悪い場合よりも多くなります。
金額が女性の満足度にも繋がってくるので、プレゼント選びのセンスよりも値段が高そうな方が重要だと考えても良いぐらいです。
ですから義理チョコのお返しだからと安易な考えで安く済ませずに、しっかりと高級感のあるものを選ぶことが大事です。

見た目が豪華そうになっているだけで女性はとても喜んでくれますから、お菓子を選ぶ場合には有名店の商品を選ぶことが重要になってきます。
知らないお店の美味しそうなお菓子よりも、有名なお店の普通に見えるお菓子の方がどの年代の女性からも喜ばれるのです。

タオルやハンカチは注意しないと大失敗

ホワイトデーのお返しとして、タオルやハンカチのような実用的なものをプレゼントする男性がいます。
ちょっとしたブランドのものであれば、女性も喜んでくれると考えてしまうのです。
ただ、ブランドの小物類は確かに喜んで貰える場合もあるのですが、職場の女性に対するお返しとしては注意しておかないと危険な場合も出てきます。

差をつけないように何人もの女性に同じお返しをすることになりますから、結果的に女性同士で似たようなハンカチを持つことになります。
これが場合によってはセンス以外で嫌われる原因となるので、大失敗になる可能性があるのです。
他の人と同じでも気にしない女性もいますが、かぶっているというだけで使わない女性もいるのです。

お菓子のように食べられるものが上手くいく

職場の女性へのホワイトデーのお返しに関しては、義理チョコに対してですから特別なものにこだわるよりもお菓子のように定番商品を選ぶことが大事になってきます。
その際に有名店の商品を選んでおけば店名が高級感を演出してくれるので、値段以上に評価を上げてくれますから失敗しなくて済みます。
しかもお菓子類は食べてしまえば無くなるものなので、センスの善し悪しも大きな影響を与えずに職場の人間関係も悪くならないのでおすすめです。