就職活動が解禁になる時期が来ると、一斉に学生たちが活動を始める事になります。
ですがここで問題になるのが、地方在住の学生が東京での就職を希望している場合です。
当然ですが希望する企業は東京にあるのですから、就職のためには東京まで行かなければならず、効率の悪い就活をしていると交通費や滞在費などが大きく膨らむことになるのです。

地方在住の学生が無駄な出費をなくして東京での就職活動が出来るように、いくつかのポイントを解説しておきます。

計画的に行動しないと交通費や滞在費が足りなくなる

東京の企業に就職を希望している学生は多いものの、通勤圏内に済んでいるとは限りません。
うまく就職先が東京都内に見つかった場合には、新しく引っ越せば良いのですが就職先を探している段階ですからそれは出来ません。
ですから地方に住みながら学校に通いつつ、就職活動をすることになるのです。

就職活動の女性

都内で行われる会社説明会などに参加することになれば、交通費が必要になります。
しかも日帰りで利用できる地域に住んでいなかった場合には、さらに宿泊費のように滞在費まで必要になるのです。
無計画に何度も地元と東京の間を往復していると、それだけお金もかかることになるので計画的に行動する必要があるのです。

就職活動は事前にお金を貯めることから始まっている

計画的に就活を進めたいと思っていても、企業ごとに会社説明会の日程が違ってきます。
同じ日の同じ時間帯に行われる可能性もあれば、全く違う日程で行われる可能性もあるのです。
都合良く時間帯をずらして同日に行ってくれるわけではありませんから、あらかじめ就職活動のためのお金を貯めておく必要があるのです。

就活 履歴書

交通費と滞在費がとにかく必要になる

就職活動が始まるまでの間に、しっかりとアルバイトなどを行って貯金をしておくことから準備は始まっているのです。
企業訪問の日程などを調べるのが就職活動の計画で必要になるだけではなく、そこで必要となるお金の準備をしておくことから計画しなければなりません。

東京都内や近郊に住んでいる学生であれば、日帰りで活動が出来ますし交通費もそれほどかかりません。
ですが地方に住んでいる学生の場合には、就職活動ではお金が必要になる機会が多くなるのです。
そこで就職が決まるまでに必要となる資金は、早い段階から貯め始めなければならないのです。

就活のお金の準備

就活が始まるとアルバイトの時間が減る

就職活動が始まってからでも、アルバイトをして稼げば良いと考えてしまう学生もいるかもしれません。
ですが就活が始まってしまうと、どんどんと就活に関する作業に時間がとられるようになるのです。

会社説明会に参加する時間も必要になりますし、エントリーシートの準備などもしなければならないので忙しくなっていきます。
平日には学校にも行かなければならないのですから、アルバイトをする余裕はあまり作れなくなると考えておいた方が良いのです。
ですから就職活動で必要になる軍資金については、その前の段階である程度用意しておく必要があるのです。

夜行バスを上手に使って宿泊費を浮かす

東京への移動に関しては、値段が安い交通手段として夜行バスの利用をまずは考えるのがおすすめです。
住んでいる地域によっては利用しにくいかもしれませんが、行き先が東京になると様々な地域との往復路線があります。
東京で宿泊することを考えると、夜行バスを使って帰ってくる方が宿泊費が必要なくなり料金的にも安く済む場合が多いのです。

就活 夜行バス

行きと帰りの両方で夜行バスを利用すれば、交通費と宿泊費をまとめることが出来ます。
夜中に出発しても朝には目的地に着いていますから、日中は全て就職活動に使う事が出来るのです。
バスの車中泊ということになるのでゆっくりと休めないと思うかもしれませんが、最近の夜行バスはシートが良く出来ているのであまり気にする必要はないのです。

宿泊にはカプセルホテルよりも漫画喫茶を使う方法もアリ

宿泊施設として低料金で利用できる場所には、カプセルホテルがあります。
ですが最近は外国人観光客からの人気が高くなっており、便利な地域では満室で泊まれない可能性も出てきています。
人気とともにサービスも充実してきており、料金的にもあまり安いとは感じにくくなっているカプセルホテルもあるのです。

漫画喫茶を利用す女子学生

ですから東京で一晩過ごしたい場合に宿泊する場所としては、カプセルホテルよりも漫画喫茶などの方がおすすめになります。
漫画喫茶にもシャワーなどの設備はありますから、就活中に利用する場合も身だしなみに関する問題を気にせずに済みます。
安く一晩過ごせるものの、ゆっくりと身体を伸ばすことは難しい場合もありますが、短期間のことなので安さ優先で考えるのもありなのです。

就活者向けのシェアハウスを探してみる

東京で就職活動を行う地方在住の学生は多く、そういった人たちの要望も多いのか就活者向けのシェアハウスも存在しています。
シェアハウスと言っても女性専用となっている場合もあるので、女性でも安心して利用できるようになっているのです。
料金としても安く利用できる場合が多く、さらに同じ就活をしている仲間との情報交換も可能なので便利です。

就活者向けシェアハウス 女子学生2人

ただ、就活者向けのシェアハウスに関しては、予約が取れなければ利用することは出来ません。
人気が高ければそれだけ予約も取りにくくなってくるので、シェアハウス探しにこだわっていると肝心の就活に使う時間がなくなってしまうのです。
ですから利用したい日程で予約がとれなかった場合には、他の方法を利用するように気持ちを切り替えた方が良いのです。

就活のための軍資金をあらかじめ用意しておくことが肝心

地方の学生が東京に就職するためには、どうしても東京近郊の学生よりも不利な場面が多くなってきます。
それを乗り越えるためには交通費や滞在費としてお金が必要になるので、出来るだけ就活が始まる前に貯めておくように計画しなければなりません。
お金に余裕があれば移動や宿泊場所の選択肢は広がりますが、ここで紹介した方法を含めて計画的に利用する施設を選ぶことで安く就活を進めていくことが出来るのです。