バレンタインデーは男性にとって楽しみな日ではありますが、後々のことを考えると義理チョコという嬉しさだけでは無い困った問題も残ります。

本命チョコが貰えればもちろん嬉しいものですが、義理チョコに関しても社内で女子社員に嫌われていないことが実感できるので素直に喜ぶ男性も多いのではないでしょうか。

ただ、ホワイトデーにはこの義理チョコに関してもお返しをしなければならないのか迷う男性がいるようですが、わざわざ嫌われるリスクを冒す必要はないので必ず用意しましょう。

義理チョコに対してもお返しは必ずしなければならない

そもそも義理チョコなのですから、本命とは違ってお返しを考えるにしても気乗りしない男性が多いのではないでしょうか。
場合によっては義理チョコに関しては、わざわざホワイトデーにお返しをしなくても良いのではないかと考えている男性もいます。

確かに貰う義理チョコの数が多くなると、そのお返しを用意するだけでも大変になります。
アンケート調査などを見ていると、半数程度の女性が義理チョコに関してはお返しを期待していないという結果も出ているのです。

ただ、こういったアンケート結果を鵜呑みにしてしまい、何もお返しをしなかった場合のリスクを考えると何かしらお返しをしなければなりません。

女性の半数は期待していなくても、残りの半数はしっかりと期待しているのです。

わざわざ本人に直接ホワイトデーにお返しが必要かどうか聞くわけにはいきませんから、必ず義理チョコに関してもお返しはしなければなりません。

期待していなかった女性も貰えれば嬉しいもの

義理チョコに対するお返しを希望している女性の割合が半数程度であれば、何もしなくてもいいのではないかという気持ちが出てくる男性もいるでしょう。

ですが期待していなかったところに、お返しがもらえればサプライズにもなります。
女性にとっては嬉しいサプライズになりますから、義理チョコへのお返しは好感度を上げるチャンスでもあるのです。

何もお返しをしなければ普通の印象しかないか、期待していた女性からケチだと思われることになります。

ですが高価なものを用意しなくても、しっかりとお返しをすることで期待していた女性には満足してもらえますし、期待していなかった女性には好印象を与えることができるのです。
ですから義理チョコに関してお返しをすることは、メリットばかりなのですから必ず用意した方がいいのです。

義理チョコへのお返しは高い物である必要はない

義理チョコに対するホワイトデーのお返しを考える際に、一番の問題が金額をいくらにすれば良いのかという問題があります。
義理チョコに関しては、贈った女性の約半数はお返しを期待していないものの、残りの半数がどの程度のお返しを期待しているのかが問題になります。

嬉しいことに本命に贈ったバレンタインのプレゼントとは違って、義理チョコに関しては2倍程度のお返しを考えておけばほぼ全員の女性に満足してもらえるのです。

本命に関しては2倍どころか4倍のお返しを期待しているような女性もいるのですが、義理チョコに関してはそれほど多くの女性が何倍ものお返しを期待しているわけではないのです。
ですから貰ったプレゼントと同等の金額が、少し高めの物をお返しに用意すれば多くの女性に満足して貰えます。

義理チョコへのお返しは貰った内容に合わせて変更する

職場ではたくさんの義理チョコをもらう場合もありますが、その内容に関してはバラバラになってしまいます。
値段が少し高そうなチョコもあれば、一目で義理チョコだと分かるような安い感じのものだった場合もあるので違いがあります。

ですから義理チョコに対してのお返しは、すべて統一してしまうと後々女性たちから反感を買うこともあるので注意しなければなりません。

全員に違ったお返しを用意するのは大変なことになりますが、ある程度のランクを設定して何種類かは用意した方がいいのです。
そうしないと安い義理チョコだったはずなのに、お返しが高めのものを送った女性と同じになってしまいます。

これでは女性同士の間で嫉妬が生まれる原因になってしまい、職場の雰囲気を悪くしかねません。

全員に違ったものを用意するのは大変ですが、値段を考えてある程度は種類を分けてお返しした方が安全です。
ただ、多くの女性は義理チョコには1000円までの予算で用意することが多いので、あまり内容にバラツキがなかった場合には統一してしまっても大丈夫です。

面倒でも個別に貰ったお返しは個別に用意すること

お菓子の詰め合わせのような大きなものを用意して、女性全員に対してのお返しとすれば簡単だと考えてしまう男性がいます。
もちろん何もお返しをしないよりは良いものの、女性たちから喜んでもらえるとは限りません。

貰った義理チョコが「女子社員からです」といった感じで、一つのものを皆からとして貰っている場合はまだ問題は少なくなります。

ですが個別に貰っていた場合には、絶対にお返しも個別にしなければなりません。
何も考えずに事務的に用意していると思われますし手抜き感が出てしまうので、楽な方法を選んでしまうと女性たちからの評判を下げることになります。

義理チョコを渡される時に、お返しはいりませんと言われている場合もあります。
そういった女性に対してもしっかりと個別に用意して、貰った女性全員に対してホワイトデーにはプレゼントを贈りましょう。
お返しを期待しているかどうかで対応を分けてしまうと、当然のように女性たちから嫌われてしまうのです。

お返しは期待していないという言葉を信じないことが大事

ホワイトデーのお返しに関しては、本命には大きな期待をしているものの義理チョコに対しては期待していないという女性もいます。
ですがこういった女性の言葉をそのまま信じてしまうと、陰でなんと言われてしまうか分かったものではありません。
特に職場で一緒に仕事をする関係であれば、今後の人間関係のことも考えて必ず義理チョコにもお返しを用意することです。