街中で桜の花が咲いているのを見かけると、そろそろお花見に行こうという気持ちが高まっていきますよね。
毎年利用するお花見スポットが決まっている人もいるでしょうが、他にもたくさんのお花見が出来る場所があるのです。
ただ、いつもと違ったお花見を楽しもうと思った場合、お花見スポットが多すぎるとどこに行けばいいのか迷うばかりという事になりかねません。

そんな時に迷わなくても済むように、都内にあって行きやすい人気のお花見スポットを紹介します。

東京のお花見シーズンは3月下旬から4月上旬頃

お花見を楽しむ為に重要なのは、やはり見頃の時期を逃さないことではないでしょうか?
天気予報などを見ていると桜の開花宣言などの情報を聞くことが出来ますし、桜前線の移動や見頃がいつ頃かも教えてくれるほどですから、お花見シーズンを知るのは難しくありません。
東京近郊に関しては毎年3月下旬から4月上旬頃が見頃になっていますから、その頃になったら天気予報を確認するか街中にある桜を注意してみておけば良いのです。

お花見、桜と東京タワー

桜前線の移動を確認しながらお花見に行く日時を決めるのも良いのですが、近場で楽しもうと考えている場合には、通り過ぎる時にでも近所の桜の木を見て確認することも出来ます。
ただ、これから紹介するようないつもとは違ったスポットでお花見を楽しもうと考えている場合には、天気予報やネットで調べておくと桜の見頃を逃さずに安心して楽しむことが出来ます。

お花見スポットの数が多いと迷うことになる

都内にはたくさんのお花見スポットがあり、その中には綺麗な桜が有名で名所と言われている場所がいくつもあります。
だからこそ良さそうな場所でお花見を楽しみたいと思っていても、どこに行こうか迷ってしまい決められない場合もありますよね。

行く場所がありすぎてどこに行けばよいかわからないを表現したイラスト

やっと決めたお花見スポットに関しても、他の人から「別の場所が良かった」という話を聞くと選択を間違ったかと後悔する事もあるのです。
そこで後悔しなくても済むように、都内にあるお花見スポットの中でも特におすすめの場所を紹介します。

東京都内でも人気のおすすめお花見スポット

東京に限らず、日本にはたくさんのお花見スポットがあります。
ですから予定が上手く作れない人でも、北上していく桜前線を追うことでお花見を楽しむことが出来るのです。
ただ、やはり出来るだけ近場でキレイな桜の花を楽しめた方が便利ですから、東京都内にあるおすすめのスポットを紹介していきます。

お花見、桜とピンク色の提灯

上野恩賜公園

上野にある上野恩賜公園は桜の木も多く、見応えのあるお花見スポットになっています。
毎年多くの花見客が訪れていますから、一度は行ったことがある人もいるかもしれませんね。
情報番組などでは上野公園からの中継が行われることも多いのですが、それだけ綺麗な桜の楽しめるお花見スポットになっているという事です。

人気のお花見スポットになっているだけあり、上野公園はたくさんの人が毎年訪れる事になります。
ですからゆっくりとお花見を楽しむ為に、場所取りをしようと思ったら結構大変な思いをすることになります。
ですが場所取りをしなくても、上野公園内を散策するだけでも桜を楽しむことは十分に出来るのでおすすめです。

上野公園ではお酒も飲めますから、宴会を楽しむことが出来るので、花見酒を楽しみにしている人にはピッタリの場所になっています!
ただ、あまりにも飲み過ぎてしまい、気が付かない間に周囲に迷惑をかけないように注意しておく必要はあります。

お花見、桜とビール

新宿御苑

新宿御苑もいくつもの桜を楽しめる、おすすめのお花見スポットになります。
新宿御苑に関しては入場料が必要となる為に、一般的な公園などのように無料でお花見を楽しみたい人には向いていません。
ですが、この入場料が必要になるというのがポイントで、お花見にありがちな混雑していて身動きがとれないとか、お酒を飲んだ酔っ払いが騒いで迷惑するような問題がないので安心して楽しむことが出来るのです。

営業時間が決まっている為に夜桜を楽しむことは出来ませんが、安心して子供と一緒にお花見を楽しみたい人にはピッタリの場所になります。
桜の木も一種類だけではありませんから、早咲きの桜を楽しむことも出来るので開花状況をあまり気にせずに行っても楽しむことが出来るので便利なのです。

入園する為の料金は大人で200円が必要となりますが、小中学生は50円で済みます。
お酒の持ち込みは禁止されているものの、この金額で一日ゆっくりお花見が楽しめると思えば気にならない金額ですよね。
しかもお花見の時期に関しては定休日がなくなり、期間中は毎日開園しているので安心して出掛けることが出来るのでおすすめです。

お花見、満開の桜の枝

靖国神社

東京の開花宣言の基準として使われる標本木があるのが靖国神社ですが、やはりここもおすすめのお花見スポットになります。
標本木はもちろんですが桜の木は他にもたくさんあるので、お花見スポットとしても有名な場所になっているのが靖国神社。
もちろんそれだけ人出も多い場所になりますから、静かに桜の花を楽しみたい人にはあまり向いていません。

ですが桜の花も大事だけれど、やはり花より団子という気持ちの人には楽しくお花見が出来るスポットになります。
人が多いだけではなく、イベントが行われたり出店の屋台などもあって色々な楽しみ方が出来るので、お花見では桜の花以外も満喫したい人におすすめのお花見スポットが靖国神社なのです。

ただ、食べ物は問題ないものの、酒宴は禁止されているのでお酒を楽しみたい場合には向いていません。
逆に人出は多いのですがアルコール類は禁止されているので、酔っ払いがいて騒げばすぐに対応して貰えますから、家族でも安心してお花見を楽しむことが出来るのでおすすめです。

目的に合った場所を選んでお花見を楽しむ

お花見スポットはたくさんありますから、行く場所によって楽しみ方も違ってきます。
子供と一緒にゆっくりとお花見を楽しみたい場合には、新宿御苑などがおすすめです。
ですがお花見はお酒がないと始まらないという考えの人にとっては、上野恩賜公園のようにお酒を飲めるお花見スポットに行かなければなりません。

お花見、桜と串に刺さったお団子三本

家族と楽しむのか会社の同僚たちと宴会を楽しみたいのかなど、お花見の目的にも様々なものがあります。
目的に合わせて場所を選ばないと、お酒が禁止されていて楽しめなかったという事態になりかねません。
お花見が楽しめる時期は長くはありませんから、そのタイミングを逃さずに楽しみましょう。

東京都内のお花見スポットでお花見を楽しむ

ここで紹介した以外にも、東京都内にはたくさんの場所に桜の木があります。
ですがお花見を楽しめる場所はたくさんあるものの、SNSが普及した今では都心で穴場スポットを見つけるのは簡単なことではないのです。
だからこそ穴場スポットを探すことに時間を割くよりも、たくさんの人たちと一緒にお祭り気分でキレイな桜の花を楽しむ方がおすすめです。