家族旅行に行くときや行った先での移動手段として、子供が何人かいると電車やバスを利用する場合は人数分の料金が必要になってしまいます。
ですからレンタカーを借りた方がどこにでも自由に行けるだけではなく、旅行で必要となる交通費を安く済ませることも出来るのです。
ただ、まだ小さい子供がいる場合には、チャイルドシートが義務化されていて必要になるので、その料金も費用として考えなければならないのです。

家族旅行に行くときにはレンタカーは便利な移動手段になりますが、チャイルドシートの料金もしっかりと費用に入れて旅行計画を立てる必要があります。

レンタカーを使った方が家族旅行は安く済む

一人旅に行く場合には交通費は自分の分だけで済みますから、電車やバスの料金が想像以上に高くつく事はありません。
ですが家族旅行に行く場合には、家族の人数分の交通費が必要になるのです。
ですから一人分の交通費で考えていると、人数分で考え直したときに安いはずが想像以上に高くついてしまう事があるのです。

電車やバスのような人数分の料金が必要になる移動手段ばかりではなく、タクシーやレンタカーのように人数とは関係なく同じ料金で利用できる移動手段もあります。
短距離の移動であれば旅先でタクシーを使うこともありますが、移動距離が長くなればやはりタクシー料金は人数が多くても割高になっていくことになります。
ですがレンタカーは移動距離ではなく借りる日数や時間で料金が決まっているので、移動距離が長くても人数で割ると安く利用できる場合が多く、家族旅行で利用するのには便利なのです。

小さな子供がいるとチャイルドシートが必要になる

レンタカーは自分の車ではありませんから、子供がいる家族ばかりが利用する訳ではありません。
ですからチャイルドシートは標準仕様としてはついておらず、オプションになっているのが一般的であり、必要な場合には無料ではなく有料のオプション料金が必要になるのです。

チャイルドシートは義務になっているので、必要になる子供がいれば必ず用意しなければなりません。
ですから一般的なレンタカー会社では、どこでもオプションとしてチャイルドシートが用意されているのです。
子供が小さい場合には、車を予約する際にレンタカー会社に伝えて用意して貰う必要があるのです。

実際にチャイルドシートが必要かどうかは、子供の身長や体重とは関係なく年齢で判断することになります。
6歳未満の子供がいる場合には、身長が大きくてもチャイルドシートを使わなければならないのです。
もし6歳未満の子供が二人いる場合には、チャイルドシートも人数分必要になるのでしっかりと予算に入れておく必要があります。

レンタカー会社によってオプション料金は違う

チャイルドシートを借りる場合のレンタル料金は、利用するレンタカー会社によって違ってきます。
ですがおおむね1日のレンタル料金としては、540円程度の設定になっているお店が多いのです。
お店によっては3日までは540円で借りられる場合もあるので、利用する日数によって大きくチャイルドシートのレンタル料が変わってきます。

安いかどうかは料金の設定をよく確認して考える

車を借りる日数が増えていけば、チャイルドシートのレンタル料金も増えていきます。
日数が増えると単純に1日ごとに料金が加算されるお店もありますが、2日以上続けて借りる場合にはレンタル料金が割安になるお店もあるのです。
料金の設定はレンタカー会社によって違っており、2日目からは1週間や10日まで同一料金の設定になっている場合もあります。

ただ、それぞれの設定日数を超えていけば、更に料金が加算されることになります。
ですから単純にレンタカーの料金だけを比較してお店を決めるのではなく、家族旅行の場合には何日借りるのかまで考慮して選ぶことが安く借りる為には必要になるのです。
10日間までは1080円で借りられる場合もあれば、最初の区切りが3日になっており、3日間ならば540円で借りられるお店もあるのです。

一泊二日の旅行でレンタカーとチャイルドシートを借りる場合、3日までは540円で利用できるレンタカー会社ならば540円で済みます。
ですが2日目から10日間までは1080円の設定になっているお店では、24時間以内に返さなければ10日間借りるのと同じ2倍の金額になってしまうのです。
何日借りても同一料金のお店もあるので、安く済ませる為にはしっかりと料金体系を確認する必要があるのです。

オプション料金は子供の人数分が必要になる

6歳未満の子供が二人いれば、チャイルドシートも二人分必要になるのです。
ですから車のレンタル料金だけでどこのレンタカー会社が安いか比較すると、トータルでは高くなる可能性があります。

車のレンタル料金にあまり大きな金額の差が無い場合には、オプション料金で安いお店が変わることもあるのです。
ですから6歳未満の小さな子供がいる場合には、チャイルドシートも借りなければならないことをしっかりと考慮して比較する必要があるのです。

ジュニアシートが必要になる場合も

子供の年齢が6歳以上だったとしても、ジュニアシートを借りた方が良い場合もあります。
チャイルドシートとは違い義務では無いものの、大きな座席にそのまま座るのとは違って、子供が座席にしっかりと座れるので安心することが出来るのです。
ジュニアシートを借りる場合にもオプション料金は必要になるので、子供の年齢だけではなく身長なども考慮して必要となるオプション料金を考えておく必要があるのです。

レンタカーを使う場合には必要なオプション料金も考える

レンタカーを家族旅行の移動手段として利用する場合は、人数に関係なく一定料金で済むので交通費が安く済む場合もありとても便利です。
ですが小さな子供に関しては、チャイルドシートの義務があるのでそのオプション料金も考慮しなければなりません。
一人分のチャイルドシートを24時間以内のレンタルで利用するのであれば、レンタル料はあまり気にせずに済むかもしれませんが、人数や日数が増えるとそれだけ料金もかかることになるのです。