花粉症対策で甜茶を飲む女性
花粉症にはヨーグルトや甜茶(てんちゃ)が良いとよく聞きますが、実は甜茶には種類がいくつかあるのです。
ですから話を聞いただけで甜茶を飲んでいた人の中には、花粉症の症状に変化がなくて効果などないと感じていた人もいるようです。
花粉症に甜茶が効くという話があるのはバラ科の甜茶に限ったものですから、しっかりと知識を身につけておかなければなりません。

効果が期待できない甜茶を飲まずに済むように、甜茶について解説します。

花粉症に効果が期待できる甜茶はバラ科のものだけ

甜茶にはいくつかの種類があり、それぞれが違った種類のお茶になります。
日本では多くの甜茶がバラ科のものであり、これを飲んでいれば花粉症の症状に効果が期待できます。
ですからあまり問題はないのですが、甜茶という名前だけで選んでしまうと間違っている可能性もあるのです。

バラ科の甜茶の他には、ユキノシタ科・アカネ科・ブナ科などの甜茶があります。
これだけ種類があるのですが、バラ科のものにしか効果は期待できないのです。
他の種類の甜茶を飲んでいた場合には、そもそも効果は期待できないので種類を間違えずに購入することが大事です。

バラ科の甜茶は甜葉懸鉤子と呼ばれていて、他の種類の甜茶にも違った名前があります。
それぞれ違う名前がありますから、購入するときにはバラ科か甜葉懸鉤子と書かれているものを購入すれば間違いありません。

甜茶に含まれるポリフェノールの効果が期待されている

バラ科の甜茶がなぜ花粉症に対して効果が期待できるのかというと、お茶に含まれているポリフェノールの効果が役立つと言われているのです。
甜茶に含まれているポリフェノールには、ヒスタミンを抑制する効果があると言われています。
ヒスタミンはアレルギー症状の原因となる物質ですから、その分泌を抑えることが出来れば花粉症の症状も抑えられるということです。

ですからヒスタミンを抑えてくれるポリフェノールに意味があるので、それが含まれているバラ科の甜茶でなければ意味がないのです。
ただ、バラ科の甜茶を飲んだとしても、必ず効果があるとは限りません。
甜茶を飲んで効果があったと感じている人もいますが、バラ科の甜茶を飲んでいるにも関わらず変化がなかったと感じている人もいます。

効果があると感じている人の中には、薬を飲まなくても大丈夫になったなど、大きな効果を感じている人もいます。
ですが効果を全く感じられなかった人もいるので、まずはしっかりとした利用方法を覚えて試してみることが大切なのです。

甜茶はしっかりと成分を煮出すことが重要になる

甜茶を飲む際には普通に緑茶を飲むように入れる人もいますが、それでは重要なポリフェノールが十分に出てきていない可能性があります。
ですから緑茶を入れるのではなく、漢方などのお茶を入れるように煮出すことが大切なのです。
しっかりと時間をかけて煮出すことにより、甜茶からポリフェノールを出すことが出来るのです。

数分は煮出すようにして、色が変わったから終わりにするような事はやめておきましょう。
急須を使って入れる場合には、数分間は蒸らしたまま待ってから入れることが大事です。

時間をかけることによって、甜茶に含まれている成分をしっかりと出すことが出来るのです。
ここで時間をかけておかないと、せっかく甜茶を飲むにも関わらず、十分なポリフェノールが含まれていない可能性が出てきてしまいます。

甜茶はまとめて飲むよりも回数を分けて飲むようにする

甜茶を飲む場合には、一度に大量に飲んで終わりにするのではなく回数を何回かに分けて飲むようにするのがおすすめです。
朝出かける前にたくさん飲んだとしても、そこで一日分を飲んだと思っていると効果が期待できません。
出かける前に飲むのはもちろんですが、昼にも飲んで夜にもまた飲むようにして、一日に何度も飲むことが大事なのです。

一回に飲む量にしては普通にお茶を一杯飲むぐらいの量でも良いのです。
ただ、一度に大量に飲む必要はありませんが、回数は減らさないようにしましょう。
出来るだけ朝昼晩と1日に3回は飲むようにしておくと、花粉症の症状に対して効果が期待できるようになります。

甜茶エキスはお茶以外にも飴やサプリで摂取することが出来る

毎日甜茶を煮出すのが大変な場合には、サプリメントや飴を利用する方法もあります。
最近は甜茶エキスを配合したサプリメントもありますし、花粉症の季節になると飴もよく見かけるようになります。
こういった甜茶エキスを配合したものであれば、毎日お茶を煮出す必要がないので手軽に利用することが出来るのです。

もちろん摂取する回数が多ければ、サプリメントや飴の方が手軽になってきます。
昼間などは会社で仕事をしている場合もありますが、甜茶を飲もうと思ったら自宅から会社まで持って行く必要があります。
わざわざ水筒などに入れて持って行くのは大変ですが、飴やサプリメントであれば持ち歩くのにも邪魔になりません。

甜茶の成分が吸収されやすいという点では、やはり普通にお茶として飲むのが一番おすすめの方法になります。
ですが花粉症のために邪魔な荷物を毎日持ち歩く手間を考えれば、飴やサプリメントも上手に利用した方が良いのです。
面倒に感じてしまい昼間は飲むのをやめるぐらいであれば、甜茶エキスの含まれている商品を利用する方がおすすめです。

甜茶をこまめに摂取することが花粉症対策には大事

甜茶を飲んでいても花粉症に効果があったと感じている人は、試した人の半数ぐらいの割合になります。
ですが薬などとは違って副作用を心配する必要もないので、日常的に出来る対策としては安心して続けていく事が出来る方法なのです。
効果があったと感じている人もいるのですから、こまめに甜茶のポリフェノールを摂取することは悪いことではないのです。