仕事で歩くことが多いと、どうしても靴の中が汗で蒸れることになります。
単に蒸れるだけであれば自分の我慢で済みますが、それが足の臭いとなって周囲に迷惑をかけることがあるのです。
夏場は特に暑さもあって体臭を気にしなければならないほど汗をかきやすく、歩くことが多くなくても臭いが気になる人も多いのではないでしょうか。

靴を常に履き続けていられるとは限らないので、忘れずに対策をしておく必要がありますから、靴や足の臭い対策について解説したいと思います。

靴を履いたままでいると中が汗で蒸れてくる

夏の暑い季節になって汗をかくことになれば、歩いていなくても足の汗を気にしなければなりません。
暑さがきつくなってくるとワキ汗などには注意し始める人も多いのですが、足の汗に関しても忘れずに対策しておく必要があるのです。
靴を履いている状況ではワキ汗のようにシミが目立つようなこともなく、汗をかいているという事が分かりずらい場合もあります。

靴の中は足の汗で蒸れている

身体中から汗は出ているのですから、ワキや首筋だけではなく足も汗をかいているのです。
特に靴を履いた状態でいれば通気性も良くないので、汗もかきやすく蒸れてしまう事になります。
あまりにも蒸れるような状況になってくると、自分でも不快感を感じるようになるのです。

目につく場所は汗をかいてもすぐにタオルで拭くことも出来ますが、足に関しては簡単に靴を脱いで拭き取ることは出来ません。
靴や靴下を頻繁に履き替えるのも難しいので、他の方法で対策をしなければならないのです。
何も対策をしないとそのままの状態で過ごすことになるので、蒸れるだけではなく臭いまできつくなってしまうのです。

靴を履いていれば臭いはあまり気にならないかもしれませんが、居酒屋などで座敷席を使う場合があります。
靴を脱いだとたんに自分でも臭いがきついと気が付くこともありますから、そうなる前に対策をしておかなければならないのです。

靴と足の両方にきつい臭いが発生している

靴の中が汗で蒸れた状態が続いていると、どんどんと雑菌が繁殖していくことになるのです。
そうなると足が臭くなるのはもちろんですが、靴に関しても雑菌が移って臭いが発生してしまうのです。

シャツなどであれば毎日洗濯できますし、汗で濡れればすぐに着替えることも出来ます。
ですが靴に関しては頻繁に履き替えることは出来ませんし、毎日洗うことも現実的ではありません。
ですから臭いで周囲に迷惑をかけない為にも、足が臭くならないように日頃から対策を行っておかなければならないのです。

靴を脱ぐ機会は居酒屋などの座敷席を使う場合だけではなく、仕事から帰ればどうしても脱ぐことになります。
そのときに一日中蒸れた状態で臭いがきつくなっていれば、毎回足が臭いと言われて家族に迷惑をかけることになるのです。
ですから靴を脱ぐ機会はないと思っている人も、実際には毎日脱ぐことになるのでしっかりと対策をしなければなりません。

靴の臭い対策は同じ靴を何日も履き続けないこと

汗で汚れた洋服とは違って、靴を毎日洗うのは難しいものです。
ですから毎日洗う必要はないのですが、何足かの靴を用意しておきローテーションで順番に履くようにする必要があります。
そうすることで何日も同じ靴を履き続ける必要がなくなるので、その間にしっかりと陰干しなどをして湿気を取り除いて清潔にすることが大事なのです。

靴を取り替えて原因菌の繁殖を防ぐ

汗で蒸れた状態になった靴は、そのままではしめったままですから臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすい状況が出来ています。
それを次の日も履き続けることになれば、菌が減るどころかさらに繁殖しやすい状況が続くのでどんどんと臭いがきつくなってしまうのです。
ですから一日履いてすごした靴に関しては、洗えないとしても陰干しをして湿気を取り除くことが大事です。

そのためには何足かの靴を用意しておく必要がありますから、暑くなる前に仕事で履く為の靴を何足か用意しておくようにしましょう。
2足の靴を交代で履いているだけでは、湿気が一日では取れない場合もあるので3足以上用意するのがおすすめです。
靴を取り替えて陰干しするだけでも臭いのきつさが違ってくるので、ローテーションで履くようにした方が良いのです。

靴用の消臭スプレーを使う

デオドラントスプレーをワキなどに使う場合がよくあると思いますが、同じように靴用の消臭スプレーも売られているのです。
靴用の消臭スプレーを使用することで、必要なときには手軽に臭い対策が出来るのでおすすめです。

どうしても同じ靴を履かなければならないときなどは、消臭スプレーを使うだけでも臭いが違ってきます。
臭いを抑える対策になるだけではなく、除菌成分が入っている商品が多いので原因菌に関しても効果が期待できるのです。

蒸れ対策用の中敷きなどを入れて履く

靴を長時間履いて蒸れることによって、雑菌の繁殖がしやすい状況が出来てしまっているのです。
ですから湿気をよく吸い取ってくれる中敷きを靴に入れて履く方法もおすすめです。
この方法ならば靴の中の蒸れも改善できるようになるので、一日中靴を履いていても快適に過ごせるようになります。

他にも銀イオンを使って抗菌効果を高めた物などもあり、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防いでくれる中敷きも売られています。
毎日違う靴に履き替えたり消臭スプレーを使ったりするのが大変な場合には、中敷きを変えるだけでも状況を良くすることが出来るのです。
臭い対策が出来ているので、同僚と飲みに行った場合に座敷席でも安心して靴を脱ぐことが出来ます。

足の臭い対策には靴下の機能に注目する

靴そのものの臭い対策が出来たとしても、足の臭いに関しても忘れずに対処しなければなりません。
足が臭くなっていると靴を脱いでからも周囲に迷惑になるので、靴の臭いだけでは十分な対策にはならないのです。
汗そのものは靴ではなく自分の足から出てくるものの、靴のようにローテーションで対策をすることは出来ません。

抗菌消臭機能のある靴下を使う

足の臭い対策としては、抗菌や消臭機能がついている靴下をはく方法があります。
こういった靴下はおじさんぽいと思うかもしれませんが、職場で履く靴下なのですからお洒落さよりも迷惑をかけないことを優先したほうが良いのです。

足にかいた汗を吸い取るのが靴下なのですから、抗菌機能があるだけでも臭いの原因となる雑菌の繁殖に対して効果が期待できるのです。
さらに消臭機能までついていれば、少しぐらいの汗ならば気にせずに済むので安心して靴を脱ぐことが出来ます。

靴下用の消臭スプレーもある

靴用の消臭スプレーがあるように、靴下用の消臭スプレーも売られています。
ただ、元から消臭機能などがついている靴下とは違って、洗濯などによって機能が落ちてしまうことになるのです。
機能性のある繊維を使っているわけではなく、あくまでも後から消臭スプレーによって対策しているので仕方がない部分になります。

ですがデザイン的に履きたい靴下がある場合には、靴下用の消臭スプレーを使うことで夏場でも安心して履くことが出来るのです。
ただ、定期的に消臭スプレーを使うことになり、事前に準備をする手間が必要です。

足用の制汗剤を使う

ワキなどには制汗スプレーなどを使いますが、もちろん足用の物も販売されています。
足用の制汗剤としては、スプレーやクリームタイプの物が売られています。
足の臭いが気になる場合には、クリームなどを足の指や間に塗っておくことで、汗を抑えることが出来るのです。

汗や臭いを抑えてくれるだけではなく、さらさらの状態にしてくれる効果のある商品ならば、蒸れて気持ち悪い感じも抑えることが出来るのです。
足用の制汗剤は頻繁に利用しにくいものですが、家を出る前に使っておくと快適に過ごすことが出来ます。

足はたっぷり汗をかくのでしっかりとした対策が必要

汗は体中からかくものですから、暑くなってくるとワキなどの臭いだけを気にしていれば大丈夫という訳ではないですよね。
靴を履いているときには誤魔化せていても、脱ぐことになればすぐにその強烈な臭いが周囲に広がります。
嫌なニオイで周りに迷惑をかけるとマナー違反となります。
仕事中は靴を脱ぐ可能性が低いとしても、帰宅すれば脱ぐことになるのですから、家族に迷惑をかけない為にも靴と足の臭い対策はとても大事なことなのです。