夏が近づいてくると気にしなければならないのが、お中元に何を送れば良いのかという事ですよね。
時期になるとあちこちのお店にお中元の特設コーナーを見かけることになりますが、様々な商品が並んでいるので困ってしまいます。
せっかくお中元を贈るのですから、出来るだけ相手にも喜んで貰いたいものです。

ただ、相手のことを考えずに品物を選んでしまうと、せっかくのお中元が迷惑になってしまうことがあるのです。
場合によってはわざと送ってきて嫌がらせされているのではないかと、相手が勘違いしてしまうこともあるので注意しなければなりません。

ただの嫌がらせ!?お中元を贈ったのに品物によっては関係が悪化

お中元を贈る相手というのは、普通はお世話になった方になりますよね。
これからもお付き合いを続けていきたいという気持ちがあるからこそ、お中元を贈ることにするものです。
ですが何を贈るのかをよく考えておかないと、相手が喜ばない場合もあるのです。

単に品物が気に入らずに喜ばれないだけならば良いのですが、もらって迷惑になってしまう事もあるので注意しなければなりません。
毎年のように迷惑になるような品物をお中元として贈ってしまうと、嫌がらせだと感じて人間関係にまで亀裂が入る可能性があるのです!

お中元

相手はせっかくのお中元ですし、貰っているという立場もあるので、品物の内容については喜んだフリをしてくれるものです。
ですが内心では迷惑に感じている場合もあるので、よく相手のことを考えておかなければならないのです。
これからも良いお付き合いが続けていけるように、嫌がられる商品を贈る事がないようにしっかりと考える必要があるのです。

贈る相手の状況を知らなければ迷惑になるだけ

お中元を贈る相手というのは、お世話になった方が多くなるので、どうしても年配の方だったりしますよね。
そうなると持病を持っていたりするので、きちんと状況を考えた品物を贈らないと喜ばれないのです。
せっかくのお中元が迷惑になったのでは、役に立たないどころか逆効果になってしまうこともあるのです。

糖尿病になっていなくても、血糖値を気にしている人には甘いものなどは贈らないようにしなければなりません。
ジュースやゼリー、水ようかんなどの詰め合わせは夏に喜ばれそうな品物になりますが、こういったものは食べたくても食べられない場合があるので避ける事が大事です。
子供がいる場合には喜んでもらえそうですが、子供にも甘いものをあまり食べさせない方針の家庭もあるので危険なのです。

ビールジョッキを持ったおじさん

他にもビールの詰め合わせなども定番商品となっていますが、贈る相手がお酒が好きかどうかを知らない状況で贈るのは避けるべきです。
誰もがビールが好きなわけではないので、お酒を飲まない人や飲みたくても飲めない人には迷惑となるのです。
ですから相手の趣味や嗜好をしっかりと確認できていない場合には、無難な調味料などの詰め合わせを贈る方が失敗しなくて済むのです。

相手の事を考えて品物を選ばないともらった側が大変!

お中元は相手の好みに合わせて品物を贈らなければならず、事前にそれとなく探りを入れておくことが大事です。
お酒を飲まない人にとっては迷惑でしかないビールの詰め合わせですが、好きな人にとってはとても嬉しいお中元となるのです。
好みや状況次第では、同じ品物を贈っても違った反応が来ることになるので、定番だから大丈夫とはならないのです。

アイスクリームなどの保存が大変な品物は迷惑

お中元として贈られて迷惑な品物としては、アイスクリームがあります。
夏場と言うこともあって高級なアイスクリームの詰め合わせなどを贈る人もいるのですが、相手が甘いものが好きかどうかで大きく反応が違ってくるのです。
しかも冷凍庫の空きなどの問題もあるので、常温で保存が出来ないものは贈らない方が良いのです。

同じように生鮮食料品に関しても、新鮮な魚介類を贈る場合もありますが迷惑になる可能性が高いのです。
詰め合わせなどで量が多くなれば、冷蔵庫に入りきらない場合もありますよね。
生魚を調理するのが苦手な場合もありますから、日持ちがしない生鮮食料品に関しても止めておいた方が良いのです。

常温で保存が出来て消費する品物が便利

食品などは食べて消費することが出来るので、保存が出来れば多少は好みと違っても大きな失敗にはなりません。
ですがお皿などの品物に関しては、なくならないのでとても迷惑になるのです。
食器類には趣味もありますから、お中元では贈らない方が良いのです。

調味料やコーヒーなどの詰め合わせなどに関しては、常温で保存が出来るというメリットがあります。
しかもすぐに全てを使わないとしても、いずれはなくなるものですから迷惑になりにくいのです。
暑い夏場だとしても、お中元で贈る品物は保存が面倒な冷たいものはやめておいた方が良いのです。

お中元の品々

家族構成によって量が多すぎないように注意すること

これからの関係も考えて、せっかくお中元を贈るのであれば少しでも良いものを選ぼうとする場合もあります。
ですが量に関しても相手のことを考えておかないと、高い品物が喜ばれるとは限らないのです。
量の多い詰め合わせは値段も高くなりますが、家族構成によっては多すぎても迷惑になるので注意しなければなりません。

食品などの他に洗剤の詰め合わせなどもありますが、普段から使っている洗剤の銘柄など分かりませんよね。
ですからよかれと思って選んだ洗剤だとしても、いつも使っているものとは銘柄が違うことで迷惑になる場合があるのです。
量が少なければ気分転換として使い切れますが、多いといつまでも好みと合わない洗剤を使い続ける事になるので貰った方も大変なのです。

お中元が迷惑になれば嫌われることになる

これからのお付き合いまで考えて贈ったはずのお中元ですが、品物によっては相手の迷惑になってしまうのです。
しかも贈られた方は文句も言えませんから、どんどんと内心であなたのことを嫌っていく可能性もあるのです。
お互いに良好な関係を続けていくためにも、保存がしやすく量もほどほどの品物を選ぶことが大事です。