ひな人形を持つ女性
子供が生まれてはじめてのひな祭りの時期が近づいてくると、ひな人形を父方と母方のどちらの祖父母に買って貰うかという問題が出てくる事があります。
どちらの祖父母にしてもかわいい孫のためですから、どうしてもひな人形を買ってあげたいという思いが非常に強くなることがあります。
気持ちが強くなればそれだけ納得して貰いにくくなり、問題として簡単に済ませることが出来なくて悩んでしまうのです。

どちらの祖父母にとってもかわいい孫であることは変わりないので、ひな人形の購入に関しては誰もが納得できる解決案が必要になります。

ひな人形の購入については早めに確認しておく

祖父母が孫のためにひな人形を用意したがる場合は多いものの、それぞれに考えがありますから事前に確認しておかなければなりません。
自分の両親であれば直接聞くこともしやすいので、出来るだけ早く確認しておくことです。

その際に一般的な風習を知っていて、母方の方で用意すれば良いとそれぞれが考えていれば大きな問題にはなりません。
母方では購入する意思がなかった場合でも、父方で用意したいと思っているのであればその通りに任せることも出来ます。
ただ、両方の祖父母に用意する予定がない場合には、自分たちで購入しなければならないのです。

祖父母が孫のために購入してくれると思っていると、いつまでもひな人形の用意ができない事態になります。
ですから早めに意思を確認しておくことが大事なのです。
両方で購入する意思があった場合には、揉めないようにその段階から対応を考え始めなければなりません。

ひな人形の購入は納得してもらわないと後まで引きずる問題

ひな人形は一度購入してしまえば、そう簡単に買い換えることがありません。
何年も大事に使い続けることになるので、最初の購入段階で問題を残すことになると、それが後々まで続くことになってしまうのです。
購入に関しては全員にしっかりと事情を納得して貰わなければ、毎年のようにひな祭りの季節が来ると文句を言われることになるのです。

毎年文句を言われてしまうとひな祭りが嫌になってきますから、そうならないためにも誰がどのようにひな人形を購入するのかを説明して、購入しない側にはあらかじめ納得して貰っておく必要があります。
ここでどちらの祖父祖母が購入するのか説明をしっかりとしておかないと、そんな話は承知していないと揉める原因になるのです。
購入してからではなく購入前に説明しておく方が納得して貰いやすいので、話をするタイミングは間違えないことです。

一般的には母方の祖父母が購入することが多い

一般的に父方と母方のどちらの祖父母がひな人形を購入しているかというと、圧倒的に母方が多くなっています。
ひな人形は母方の祖父母が買い与えて、それを理由にして孫の様子を見に行ったという習慣があるのです。

昔は父方の実家で孫が暮らしている場合、理由もないのに様子を見に行くのが難しかったのです。
ですからこういったお祝いに際して、何らかの理由を作って様子を見に行く必要がありました。
その頃の母方で購入する風習がそのまま残っており、今でもひな人形は母方の実家で購入する場合が多いのです。

ただ、時代は昔とは違うので、実家で暮らしているとは限りません。
独立して暮らしていれば会いに行きやすいのですから、相手側の祖父母に気を遣わずに孫に会いに行ける時代になっています。
ですから最近では母方の祖父母が購入する理由が薄まっており、父方で用意するケースも増えているので揉める原因になってしまうのです。

自分たちでひな人形を選んで購入すると問題が避けやすい

ひな人形そのものを購入して貰うとなると、どうしても孫のためにと張り切って大きなものを購入する事があります。
昔のような住宅事情であれば、ひな飾りも七段飾りや五段飾りのものでも問題なかったかもしれません。
ですが最近の住宅事情を考えた場合、そういった大きなものは飾る場所に困ってしまうのです。

普段はしまっておかなければなりませんし、収納スペースの事を考えても小さなひな人形の方が便利な場合も多く、そういった事情を理解して貰う必要があります。
ただ、飾る場所がないから大きなものは無理だと伝えていても、売り場でいろいろと見てしまうとワンサイズ大きくて豪華なものを選んでしまう場合があるのです。
ですからひな人形を購入して貰う場合には、一緒に行って選ぶことも考えなければなりません。

飾れるスペースやしまう場所の事などを事前に何も伝えていないと、いきなり大きなひな人形が送られてくる可能性もあるので注意しておく必要があります。
誰が購入するのかなども含めて、早めに相談をしておくことで置き場所に困るようなひな人形がいきなり送られてくる事が避けられるのです。
出来れば自分たちで選んで購入できるように話をすることで、住宅事情に合ったひな飾りを用意しやすくなります。

購入するのは自分たちで資金だけをお願いするのがおすすめ

ひな人形を誰が購入するのかという問題に関しては、それぞれの祖父母が孫のためにと早くから考え始めている場合もあるのです。
ですから片方だけにお願いをしてしまうと、どうしてももう一方の祖父母をガッカリさせることになります。
母方で購入するという意味合いも薄れていますから、ガッカリさせずにうまくまとめるためにも資金を半分ずつ出して貰うという方法がおすすめです。

ひな人形そのものを購入して貰う場合、両方の祖父母が用意すると二つになってしまいます。
ですがお金を出して貰う分には両方の祖父母から受け取ることが出来るので、折り合いが付けやすいのです。
その資金を使って自分たちで選んだひな人形を購入すれば、大きすぎて困るような事も避けられるのでおすすめです。

ひな人形の購入で遺恨を残さないこと

祖父母にとって見ればかわいい孫のためですから、ひな祭りには豪華なひな人形を用意したいと考えてしまうのは珍しいことではありません。
ですがその気持ちをそのまま好きにさせてしまうと様々な問題が出てくることになるので、ひな人形は誰が買うのか早めに対応を考える必要があるのです。
両方の祖父母がひな人形を購入したいと考えている場合には、購入資金の援助を半分ずつお願いして、自分たちで購入するのがどちらにも遺恨を残さずに済むので一番のおすすめです。