避粉地で花粉の無い綺麗な空気を吸う
花粉症に苦しんでいる人にとって、スギやヒノキの花粉がピークになっている時期は飛散量の少ない別の土地に逃げてしまいたいと思うほど辛いのではないでしょうか。
アレルギーの対象となる花粉さえなければ良いのですから、職場近くに杉の木がたくさんある場合など避粉地に行きたいと考えるのは当然のことです。
そんな思いを抱いている忙しい社会人でも利用しやすい、行きやすくて便利な避粉地をいくつか紹介します。

スギ花粉で苦しい人には北海道がおすすめ

杉花粉が大量に飛散
スギ花粉で苦しんでいる人は多いと思いますが、花粉症の原因がスギの場合には北海道がおすすめの避粉地になります。
なぜ北海道が良いのかというと、スギの植生がされていないので他では花粉の多い時期でもスギ花粉による症状で悩むことがないのです。
日本気象協会の花粉飛散予測においても、北海道ではスギの花粉が扱われないぐらいですから花粉の飛散量を気にしなくて済むおすすめの地域になります。

ヒノキの花粉で症状が出る人にとっても、北海道はスギと同じようにおすすめの地域になります。
やはり北海道にはスギと同様にヒノキの植生もされていませんから、スギ・ヒノキの2種類の花粉が少ないために多くの人にとって避粉地としておすすめ出来る地域なのです。

ただ、日本気象協会の花粉飛散予測では、北海道はスギやヒノキの代わりにシラカバで予測が出されています。
これはシラカバも花粉症の原因になるためで、シラカバが原因の人には逆に花粉症の危険な地域になります。

北海道には週末を利用して旅行に行ける

北海道が避粉地として魅力的だとしても、なかなかいける距離にはないと感じている人も多いでしょう。
ですが北海道は観光地としても人気が高いために、様々なツアーがあるのです。
その中には週末を利用して北海道旅行が楽しめるものもあり、平日は仕事で忙しい人でも実は行きやすい地域になっているのです。

平日は仕事もあるのでどうしても花粉症の症状に耐えなければならないとしても、週末で往復できるツアーならば北海道でゆっくりと体を休める事が出来ます。
花粉症の症状で苦しまなくて済むだけではなく、人気の観光地ですから旅行を楽しむことも出来るのです。

関東地方で避粉地を探すならば小笠原諸島

関東地方ではどうしてもスギやヒノキの花粉が飛散しているので、避粉地を探す場合には離島になります。
なぜならば花粉は飛散しているものですから、ある程度は本州から離れていないと花粉が飛んできてしまう事もあるのです。
草津温泉も避粉地として話題になっているようですが、やはり内陸部ですから花粉が飛んでくることがあるようであまり症状に変化がないという人も多いようです。

そんな中で関東にあるおすすめの避粉地は小笠原諸島になります。
なぜ小笠原諸島かというと、東京都ではあるものの1000km離れた場所にあるために花粉が飛んでも届かない距離にあるのです。
ですから花粉の飛散情報を気にする必要がなく、安心して過ごすことが出来るのです。

小笠原諸島は時間を作って観光旅行として利用する

小笠原諸島の場合は避粉地として距離が遠いだけではなく、北海道とは違ってツアーの数も限られてしまうので気軽にいける場所ではなくなります。
ですから小笠原諸島に花粉症から逃げるために行こうと思った場合には、観光旅行を楽しむことをメインに考える事も大事です。
0泊3日というツアーも見かけましたが、さすがに船の上でほとんどの時間を過ごすことになるので花粉対策としてはあまりおすすめできません。

ですが最近は人気の観光スポットになっていますから、観光旅行先として魅力を感じている人も増えています。
ですからゴールデンウィークなどを利用して、一週間程度の休みが取れた場合には小笠原諸島はおすすめの避粉地になります。
ただ、あくまでも避粉地としてではなく、観光がメインとして考えた方がいい地域です。

沖縄県もスギが少なく避粉地になっている

沖縄県にもスギなどはありますが、なぜ避粉地になるかというとその数が圧倒的に少ないからなのです。
しかもスギの種類も違ってくるので、避粉地になっているのです。
ですから花粉の飛ぶ量も少なくなりますし、種類が違うのですから症状が出ることも殆どないので避粉地として利用する人が年々増えている地域になっています。

沖縄県にも週末で往復できるツアーが多い

やはり北海道と同様に沖縄県も人気の地域になっているために、たくさんのツアーが用意されています。
ですから週末を利用して往復できるものもたくさんありますから、長期休暇が取れない場合にも利用しやすいおすすめの避粉地なのです。

沖縄県には観光スポットもありますし、ダイビングスポットなどもあります。
ですから何度行っても飽きの来ない地域になっているので、ゆっくりと花粉症で疲れた体を休めるだけではなくアクティビティで楽しむことも出来るのです。
花粉症の嫌な症状を忘れて楽しむことが出来れば、良い気分転換にすることが出来ます。

台湾などの海外も週末に行ける避粉地になっている

スギやヒノキの花粉は日本に多いのですから、避粉地としては日本国内ではなく海外を考えることも出来ます。
ただ、遠いと利用しにくくなりますから、近くで行きやすい地域で考えなければなりません。
そこでおすすめなのが台湾や香港などの地域なのです。

なぜかというとこういった地域には日本からも週末旅行としてツアーが組まれている事が多く、社会人でも利用しやすいのです。
日帰りの弾丸ツアーなどもありますが、一泊しても料金はあまり高くありません。
格安ツアーの多さも香港や台湾がおすすめできる理由なのです。

週末旅行として避粉地を訪れてリフレッシュ

最近は飛行機を使った旅行でも、格安航空会社が登場したことで利用しやすい料金になっています。
ですから仕事で忙しい社会人にとっても、花粉対策として週末に避粉地へ旅行に行くことがおすすめしやすい状況なのです。
週末旅行として格安プランがたくさん揃っている地域がありますから、避粉地として花粉症の苦しみから逃れるだけではなく、気軽に旅行を楽しむことが出来る地域なのです。