引っ越しいらない家具の処分

引っ越し費用を安く済ませたいものの、単に金額だけを比較したのでは本当に必要となる金額が全て出そろっていない場合があります。
状況次第ではオプション料金が必要となる場合もあり、しっかりと事前に確認しておかないと想定外の出費が必要になる場合があるのです。
引っ越し業者と契約をした後でオプション料金が必要になることが分かったのでは遅いので、追加料金が必要になるケースを理解して総合的な料金で検討することが大事です。

いらない家具の処分にも費用がかかる

引っ越しをする場合には見積もりを出して貰うと思いますが、そこに記載されている金額だけで済むと思っていると後で困ることがあります。
単に引っ越しをする際に出た不用品の処分をするだけでも、お金が必要になる時代なのです。
大型の家具を処分するとなれば、それだけでも必要な料金が増えるのです。

自分で廃棄する場合には指定の場所まで運ばなければなりませんが、引っ越し作業で忙しい中ではそんな余裕はありません。
大抵の引っ越し業者では、大型の不用品を引き取って処分してくれるオプションサービスを用意しているので費用を確認しておきましょう。
ですがあくまでも不用品処分などはオプション料金となりますから、その費用も考えておかなければなりません。

見積もりを出して貰う際にこういった相談をしておけば、その料金も含めた金額を出して貰うことが出来ます。
ですが何も言わなかった場合には、自分で処分するか必要な費用を後で払うことになるので忘れないで確認しておくことです。

荷物を一時的に預かって欲しくても対応は業者によって変わる

引っ越しを行う場合には、全ての日程がスムーズにかみ合うことが望ましいものです。
ですがこればかりは様々な事情が関係してくるために、どうしてもうまくタイミングが合わない場合が出てきます。

引っ越し先への荷物の搬入がすぐに出来ない場合には、たくさんの荷物をどこかに置いておかなければならないのです。
そんなときに引っ越しの荷物を一時的に預かって貰うサービスが利用できると、便利な場合が多いのです。

ただ、こういったサービスは対応してくれる業者が限られてくるだけではなく、オプション料金が必要となります。
引っ越しのタイミングがどうしてもうまく調整出来なかった場合には、このようなサービスが必要になるので一時預かりをして貰えるかどうかも確認して業者を選ぶ必要があるのです。

引っ越し時にと料金が加算される場合がある

2階建てぐらいのアパートではエレベーターがない場合も珍しくありませんが、こういった場所であれば引っ越し先も2階までですから別料金が必要になることは殆どありません。
ですが3階以上に引っ越すにも関わらず、エレベーターがない場合には料金が高くなることがあるのです。
戸建ての場合にもエレベーターがない場合が多いものの、2階建てまでならば問題ありませんが3階建て以上の場合は確認が必要です。

エレベーターがないアパート

業者によって別料金が必要となる階数には違いがありますが、荷物の運搬が3階以上の場所に存在する場合は確認しておく必要があります。
業者の方からも見積もりを出す際に確認することが多いのですが、引っ越し先にエレベーターがあるかどうかは重要な条件なのです。

この料金の加算は作業に関する問題が関係して料金が上がるので、引っ越す元となる住居に関しても同じ条件になります。
ただ、引っ越し元に関しては見積もりに来た段階で分かることですから、担当者もその場で確認できるのであまり問題にはなりません。

エレベーターがあっても入らないと別料金が必要になる

大型の家具を運ぶ場合、エレベーターに入らない大きさの場合があります。
家具であれば解体が可能な場合もあり、そういったケースであれば分解して搬入することが出来るので料金が加算されずに済む場合もあります。
ですが分解することも出来ないとなると、クレーンを使うなど別の方法で窓から搬入することになるのです。

引っ越しクレーンで大型家具搬入

現場の判断で人力で引き上げる場合もあれば、あらかじめ分かっていれば専用のクレーン車や機材を用意することもあります。
ですが、こういった特殊な作業が必要になると料金が加算されるのは仕方がありません。

ただ、エレベーターのサイズによって、こういった状況が出てくるかどうかが変わってくるのです。
引っ越し先を見に行ったときには、エレベーターの大きさに関しても確認しておくと、見積もりの段階で正確な費用が分かりやすくなります。
エレベータの箱のサイズだけではなく、入り口のサイズも確認しておくことが大事です。

追加費用を払ってまでその大型家具などが必要なのかを考えて、場合によっては処分も検討した方が良いのです。
人力で済む場合にはあまり大幅な追加料金はかかりませんが、クレーン車が必要になる場合には数万円の追加が必要となる場合もあります。

家電製品も配線までお願いするとオプション料金

テレビなどの簡単な家電製品であれば、自分で配線できるという人もいると思います。
ですが苦手な人もいますから、出来れば引っ越し前と同じように設置だけではなく配線まで行ってもらえると便利なものです。
荷物の運搬とは違ったサービスになるので、設置はして貰えても配線に関してはオプション料金が必要になる場合が多いのです。

簡単な作業であれば、当日に作業員がサービスとしてやってくれるかもしれません。
ただ、引っ越し業者によってどこまで手伝ってもらえるかも違ってきますから、見積もりの時に相談しておくと出来る事と出来ないことが分かります。

引っ越し家電の配線はオプション料金

エアコンのような大型家電も引っ越し先へ運んで設置して貰う場合、オプション料金が必要となってしまいます。
同じ大型家電でも冷蔵庫や洗濯機などはあまり問題になりませんが、エアコンに関しては取り外しに関しても費用が加算されることになるのです。
当然ですが取り付け費用なども更に必要になるので、全てを含めると新しく購入してもあまり変わらない場合まで出てきます。

引っ越し大型家電

ですから使える大型家電に関しては、リサイクル業者に買い取って貰うことも考えた方が良いのです。
処分するとお金がかかりますが、使えるものならば買い取って貰うことで処分費用がかからなくなります。
大型家電に関しては耐用年数なども考慮して、新しく購入することも含めて検討する必要があるのです。

見積もり金額で全てが終わるとは考えないこと

引っ越しになれていない場合には、見積もりに出ている金額で全てが終わると思っている場合があります。
何も問題が出なければ余計な出費は必要ないのですが、場合によってはすぐに数万円の追加費用が必要になるので予算は余裕をもって準備しておく必要があるのです。
事前に確認できる費用も多いのですから、それらを含めて見積もりを出して貰ってから比較することで、総合的に安い引っ越し業者を見つけることが出来るのです。